一致した世界へ向けて

全ての人を一つの家族にすることを目指しながら、世界中に広がる数十万人を結びつけるこの「コレガメント」は、一致と普遍性の力強い、また喜ばしい体験です。

コレガメントビデオを見る

 

「コレガメント」とは何でしょうか?

(※コレガメントはイタリア語の会議電話という意味です。)

WHEN?  いつ始まった?

すべては、1980年に始まりました。アシジの聖クララの祝日でもあり、キアラ・ルービックの霊名の祝日でもある8月11日のことです。キアラはスイスで少人数のグループと霊名の祝日を祝っていました。居合わせた人たちの間には、その日、特別な絆が築かれたのでした。

WHO?  だれから?

その小さなグループの人たちはそれぞれの町に戻って行きましたが、キアラの家で築き始めた絆を強め、豊かにするため、そして、スイスの別の町に広がって行っても、ただ一つの「フォコラーレ」として生きるために、キアラの家から発する、電話会議を通して、密に連絡を取り合いました。電話会議は、一致の精神を生きるなかで発見する新たな事柄や、世界の他の場所に存在するフォコラーレの家族からのニュースを分かち合う機会になりました。

HOW? どのように?

ほどなく、スイスで、国際電話会議を催す可能性がちょうど発明されたことが分って、その後、電話会議は他の国々にも及び、数十の町のフォコラーレの共同体とつながりました。やがて、この電話会議は、どこの国でも「コレガメント」と呼ばれるようになりました。

WHY? なぜ?

通信技術の急速な発展に伴い、コレガメントは、ビデオ取材、後には、インターネット経由のビデオ会議を含むまでに発展しました。キアラ・ルービックは、フォコラーレ運動の目的は一致であるため、この世界規模の家族が、最速かつ最も相応しい手段を用いて、喜び、苦しみ、希望や計画を分かち合うことの重要性をいつも強調していました。家族は、継続性のある愛を経験する必要がありますし、私たちは、皆、「聖なる旅」を共に歩んでいるのです。

  コレガメント・舞台裏・・・