み業の総会の参加者、フランシスコ教皇との謁見

み業の総会の参加者、フランシスコ教皇との謁見

2021年2月6日、フォコラーレ運動(マリアのみ業)の定期的総会の参加者は教皇フランシスコとのプライベートな謁見にあずかりました。
教皇様から特別な愛で迎えられたエンマウス・マリア・ヴォーチェは、マーガレット・カラム新会長を教皇様に紹介し、新会長は教皇様に挨拶の言葉を述べました。
教皇様は、フォコラーレ運動の歩みの助けとなるために3つの要点について総会参加者にお話しになりました。

[全文を読む]

2021年2月7日のコレガメント・フォコラーレ総会特集

2021年2月7日のコレガメント・フォコラーレ総会特集

参加者は、年齢も召し出し(召命)も様々でした。諸教会のキリスト者、ユダヤ教の女性ラビ、イスラム教徒2人、特定の宗教を持たない人、そして仏教徒でした。今回のフォコラーレ運動の総会はどうだったのでしょうか? 特集のコレガメントを通して見てみましょう。

[全文を読む]

フランチェスコの経済

フランチェスコの経済

「フランチェスコの経済」・フランシスコ教皇様が依頼したイベント。11月19日から21日までの3日間、2,000人の若い起業家が、経済、政治、社会の各分野の多くの専門家とともにストリーミングを通じて集い、包括的で持続可能なモデルを構築し、より良い未来のための具体的な提案を行いました。アッシジの聖フランチェスコ大聖堂からの3日間のライブ中継。ライブイベントをリードし、ロレンツォ・ルッソのインタビューを受けたカタリナ、イエナ、アミンの3人から話を聞いてみましょう。

[全文を読む]

Prophetic Economy: A network for the common good

Prophetic Economy: A network for the common good

There is much good practice going on and prophetic experiences which engage in alternative economic models directed towards integral human development and sustainability. The Prophetic Economy event formed a network to bring together some of these experiences that want to change the world.

マーガレット・カラム フォコラーレの新会長

マーガレット・カラム フォコラーレの新会長

1月31日(日)、フォコラーレ運動(正式名:マリアのみ業)の会則に従い選挙参加者数の3分の2以上の票を得た後、バチカンの「信徒・家庭・いのち部署」の承認を受け、正式に、聖地・ハイファ出身のマーガレット・カラム(58歳)が、フォコラーレ運動の新しい会長(任期6年)に選出されました。

[全文を読む]

テレビ映画「キアラ・ルービック・愛はすべてに勝つ」

テレビ映画「キアラ・ルービック・愛はすべてに勝つ」

カサノヴァ・マルチメディアは、イタリア国営テレビのライ・フィクションと共同で、フォコラーレ運動の創立者キアラ・ルビッチを題材にしたテレビ映画を制作した映画制作会社です。クリスティアーナ・カポトンディはイタリアの映画やテレビで最も成功している女優の一人です。今回はキアラ・ルービックを演じました。コレガメント主催のインタービューを紹介します。

[全文を読む]
12345...»