子どもの「いのちの言葉」をダウンロード

私たち子どもの新しい福音宣教とは

Gen4が実践する「いのちの言葉」の体験である愛の行いや分かち合いはすべて、彼らの内なる霊的生活を外面的に表現したものです。なぜなら、それらを特徴づける具体性の中に、子どもの「神との関係」が具体的な事実を通して表されるからです。ですからGen4の愛の行いは、私たちがどのように福音を生きるかを理解するのを助け、私たちはなぜイエスが’「もしこのような幼い者にならなければ、神の国に入ることはできない」と言われたのかを理解始めるようになるのです。ではここで、Gen4の体験が世界中へ解き放した、いくつかの実りの例を紹介しましょう。

子どもが生きた愛のサイコロの体験談を読む

 

ジェン4は、4~8歳の子供たちです。イエスの言葉を純粋な形で生きる彼らからは、大人も学ぶものがたくさんあります。

ビデオをみよう!➡「ジェン4ってだれ?」

『…子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない』(マタイ18:3参照)というイエスの言葉の素晴らしさは、ジェン4の生活に見て取れます。

ジェン4は「いのちの言葉」を生きることで、まず、自分の心を養います。

そして、お友達と一緒に、「愛のサイコロ」をふって、「愛の芸術」を生きることで、全世界で愛の革命を起こしています。

 

子どもが生きている「愛の芸術」= 愛のサイコロ  What is the Cube of Love?

フォコラーレに参加する第4の世代のジェンと呼ばれる4歳から8歳までの子供たちは, 毎朝「愛のサイコロ」を振って、福音の精神を生きるヒントにしています。
そのサイコロの面には、「みんなを愛します」「自分から先に愛します」「お互いに愛し合います」「敵を愛します」「相手の中のイエス様を愛します」「相手とひとつになります」と書かれ、出た面に書かれた言葉を、その日一日生きるよう努めるのです。
そこからすばらしい体験が生まれ、多くの実りをもたらします。